» 災害対策の為の情報収集

災害対策の為の情報収集

災害が起こったときに必要になることは、焦らずに対応をするということになりますね。
しっかりとした対応をするためには、どれだけ情報収集を円滑に行なえるかという段階になります。

それには、従業員同士の連携が必須です。災害対策チームの設置も、まずは求められる段階になるでしょう。総務、保守、経理、営業といった、災害に対して情報共有をすることが求められる部署から、担当者を招集しておきましょう。もし、従業員が少ないのであれば、その場合には従業員同士での連携を徹底することが大事です。

また、会社に関係した土地についての情報収集も大切なことです。本社、支社といったもの以外にも、工場、倉庫、製品や部品などの調達をしている場所、サーバー設置場所、駐車場、従業員の自宅、交通手段などの情報収集です。そういったものに関しては、緊急連絡先のリストをつくっておくということも大事ですね。

また、災害ハザードマップを活用してみてください。主なハザードマップとしては、地震、津波、洪水、液状化、浸水といったものです。同じように緊急連絡先の場所のリストアップも行ないましょう。
次に、会社や関係各所について、築年数や建築種別を調べておきましょう。建築種別というのは、木造であるとか、鉄筋コンクリートであるかということになります。この把握をしておくことで、対策も練られるようになりますね。その建物が、1982年1月1日以降に建設されているものであれば、新耐震基準は満たしていると考えられますので、ひとまず安心することができますね。

そして、都市部の場合にはそれ以外にも周辺の地形や建築についての意識も必要です。緊急時、避難をする途中の経路で、ビルが一面ガラス張りであるという場合など、そしてビル自体が老朽化しているという場合、その周辺を通過することは、外壁や看板の落下などの可能性があり危険といえます。そして、地形で窪地になっている場合には、水が集まってしまったり車の水没などの危険性が考えられます。海沿いや川沿いの場合には、津波についての対策も必要です。
こういった問題について対策を行い、地震、台風、豪雨、雷雨、津波、竜巻といった災害について、それぞれどのような対策を行なうのかということを考えておきましょう。

LINK

  • ガス発電機・非常用自家発電機ならカワフジ
  • いざという時の為にも車もしっかりメンテナンスしましょう。帯広で車検をしっかりやってくれて良心的な価格でお願いできるところを探しましょう。